商品詳細

商品コード: AM184

ランゲ・ロッソ 2014

【タイプ】赤・辛口
【品種】ネッビオーロ70% バルベーラ30% 
【アルコール】13.5%
【発酵】ステンレスタンクにて発酵。
【熟成】24ヶ月間フレンチオークにて熟成。
【コメント】
濃いルビー色。カシス、アメリカンチェリーの香りに
スパイスやドライハーブなどやや野性的な香り。
甘みのある完熟した果実に品種ならではの酸味が心地よく、親しみやすい味わい。

--------------------------------------------

【生産者情報】

Malvira' マルヴィラ


マルヴィラのロゴ

1950年にジュゼッペ・ダモンテ氏がマルヴィラを創立させました。
ジュゼッペ氏は先見の明がある人物であり、当時からロエロ地区には
すばらしいブドウが育つ畑があるにもかかわらず、自分たちはまだ
ロエロの大地のワインを最大限に表現できていないと考え、
ワイナリーを創立させ、ワイン造りに力を注いできました。

マルヴィラの畑写真 malvira

ジュゼッペ氏の意志は息子たちであるマッシモとロベルト氏に受け継がれ、
現在は、彼ら兄弟でワイナリーを運営しています。
ワイナリーが順調に拡大し、新しい市場へ進出を続けているにもかかわらず、
マルヴィラは家族経営を続けています。
マッシモはブドウ畑の責任者、ロベルトは醸造の責任者として働いています。
ロベルトの息子,ジャコモもワイナリーを手伝いながら、アルバのワイン醸造学校へ通っています。
マッシモの4人の子供たち、ルチーア、フランチェスコ、ピエトロ、ジュゼッペはまだ幼いですが、
ブドウ畑やワイン造りを身近に感じながら過ごしています。



マルヴィラはマッシモとロベルトの妻達であるフェデリーカとパトリツィアの協力により
“Villa Tiboldi”(ヴィッラ・ティボルディ)というアグリツーリズモも運営しています。
ヴィッラ・ティボルディはトリニタというブドウ畑の中心に位置しており、
快適な13部屋の宿泊施設とレストランで贅沢な時間が過ごせるように開設されました。
マルヴィラファミリー(スタッフも含めて)一人一人がこのモットーを基に
ワイン造りに携わっていることが、
より純粋でより上品なロエロのワインを造っていると言っても過言ではありません。


参考上代価格(税込):2,106円

ページトップへ